出産にかかる費用とは

赤ちゃんを授かり出産を心待ちにしている人も多いかもしれませんが、実は出産にはさまざまな費用がかかります。まず妊婦検診費用です。これはお腹の中の赤ちゃんが順調に育っているかや母体に問題が無いかを確認する検診であり、1回当たり約5000円前後かかります。検診回数は体調や週数によって個人差はあるものの大体平均15回前後受診することになり、健康保険が適用外なため合計すると結構な高額になります。

 

また、妊娠中にさまざまな検査を受ける場合も別途費用が必要になります。費用が安い検査だと1000円ほどで済ませることができますが、費用が高額な検査だと一回で10000円ほど必要な場合もあります。
そして一番費用が必要になるのが入院費と出産費です。入院する病院によって金額は違いますが、平均して30万円から40万円ほど必要だと言われています。もちろん部屋を個室にすればさらに高くなりますし、入院が長引けば入院費も高額になります。その他にも生まれてくる赤ちゃんのためのグッズやマタニティグッズなども揃える必要がありますし、出産の際は何かとお金が必要になります。

 

しかしほとんどの自治体で検診の費用を助成する制度があったり、中には出産費用を一部給付してくれる健康保険組合もあります。医療費控除でお金が戻ってくるケースもあるため、どこの機関からどれだけのお金をもらうことができるのか、予め確認しておくと良いでしょう。
また自分たちの予算に応じて出産する病院を決めても良いですし、あらかじめどういったことにお金が必要になるのか調べた上で徐々に準備を整えていくことがおすすめです。

 

妊娠をすると思うように体を動かせなくなったり、精神的に不安定になったりと時に大変に感じることもあるかもしれませんが、いざというときに慌てないためにも、事前にいくらお金が必要なのかをしっかりと確認して元気な赤ちゃんを迎える準備を夫婦二人で整えることが大切です。