医療保険は出産後に継続もしくは配偶者の被扶養者になるなどの選択肢

赤ちゃんが生まれると、出産育児一時金、もしくは家族出産育児一時金のいずれかが支給されます。
どちらが支給されるかは、被保険者が出産した時と被扶養者が出産した時で異なり、被保険者の場合は出産育児一時金と言う名目で支給が行われ、被扶養者が出産した時には家族出産育児一時金と言う名目で支給が行われます。

 

被保険者は女性側が旦那さんの扶養家族になっていない、自分で仕事をして所得税や住民税などの税金を納めている人、被保険者は旦那さんの扶養家族になっているなどの違いがあります。
出産育児一時金や家族出産育児一時金は、どちらも一児につき42万円になり、多胎児出産時には胎児数分だけ支給が行われるので、二子では84万円、三つ子では126万円の支給額になるわけです。

 

但し、注意をしなければならない事があります。
国内には産科医療保障制度と呼ばれている制度があるのをご存知でしょうか。
分娩に関連し、脳性麻痺を発祥した新生児が誕生した際に、家族の経済的な負担を軽減する目的で保障を行う制度です。

 

この制度は、病院が加入する事で保証を得る事が出来るようになっているのですが、産科医療保障制度に加入する事での経費の発生などからも、加入していないケースがあります。
産科医療保障制度に加入していない医療機関で出産した時には、40.4万円の支給額になります。

 

会社勤めしていた人が妊娠をして会社を退職した時、健康保険組合の資格を失う事になるので、状況に応じた医療保険に加入する必要があります。
出産後に再就職を希望される場合は、再就職先が加入を行っている医療保険の被保険者、再就職を希望しない、子育てに専念する場合には国民健康保険に加入するなどの選択肢があります。

 

さらに、再就職を希望しない時の選択肢には、組合の任意継続被保険者になる方法や配偶者の被扶養者になる方法があります。
ちなみに、会社を退職せずに、育児休暇の形で申し出ている場合は、健康保険は継続した形で運用が行われます。